2016年5月9日

V.A. / Love Dance - GRP AOR Collection (1994)

今日はコンピを。"AORベスト"的なモノとは切り口の違った選曲のコンピって、視野を広げて触手を伸ばすのに最適ですよね。
そんなワケで、なかなかナイスな切り口なのがジャズ/フュージョンの名門GRPレーベルの作品からAORテイストな曲を集めたこの『Love Dance - GRP AOR Collection』。AORの雄、中田利樹サンの選曲ですね。

インストのフュージョンアルバムに燦然と輝く絶品歌物AORが1曲混じっている・・・
ということはよくありますよね。
そういうオイシイところを地道に掘って探すのも楽しいですが、このコンピの様に集めてみる、っていうのは助かります。
何より、選曲する段階が楽しそう。僕もやってみたいな(笑)
僕だったらGRPならコレとかコレとかコレとかコレとかコレとか入れるだろうな〜、なんて・・・


ということで、選曲はこんな感じ。Youtubeリンク付き。★がオススメ。

(曲名 / アーティスト / 収録元アルバム / 年)
 01. I'm In Love Again / Homi & Jarvis / 『Friend Of A Friend』(1984)
★02. Every Corner Of The World / David Benoit feat. David Pack / 『Inner Motion』(1990)
 03. How Deep Does It Go / Carl Anderson / 『Pieces Of A Heart』(1991)
 04. Somewhere Between Old And New York / Dave Grusin feat. Phoebe Snow / 『Night-Lines』(1984)
★05. Holding Out For Love / Randy Goodrum / 『Solitary Nights』(1985)
 06. Brand New Day / Danny Hutton with Tommy Funderburk / 『American Flyers Soundtrack』(1985)
★07. If You're Not The One For Me / Tom Scott feat. Brenda Russell & Bill Champlin / 『Keep This Love Alive』(1991)
★08. Love Dance / Dian Schuur / 『Schuur Thing』(1985)
★09. Brazasia / Yutaka with Pauline Wilson / 『Brazasia』(1990)
★10. That's The Way Of The World / New York Voices / 『Hearts of Fire』(1991)
 11. After The Love Has Gone / The Benoit/Freeman Project feat. Vesta & Phil Perry / 『The Benoit/Freeman Project』(1994)
 12. In My Life / Patti Austin / 『Love Is Gonna Getcha』(1990)
★13. Beyond The Storm / Lee Ritenour & Dave Grusin feat. Ivan Lins / 『Harlequin』(1985)


AOR好きは、アルバムとしてはまずYutaka『Brazasia』とTom Scott『Keep This Love Alive』とはマストで要チェックでしょう!
AORチューンもたくさん、メンツも豪華です。絶対満足できるアルバムなはず。


Yutaka『Brazasia』(1990) / Tom Scott『Keep This Love Alive』(1991)

あとは、僕的にはNew York Voices『Hearts of Fire』とRandy Goodrum『Solitary Nights』とかに触手を伸ばしてくれると嬉しいナァ。

New York Voices / 『Hearts of Fire』(1991) / Randy Goodrum / 『Solitary Nights』(1985)


New York Voicesはこの曲以外にも、GRPからナイスな歌物がたくさん出てるので、聴いてみてほしいですね。
ジェイ・グレイドンのプロデュースの所為でマンハッタン・トランスファーばっかりAOR文脈に登場しますが、NYVも「Now Or Never」「Open Invitation」「The Sultan Fainted」「Do You Wanna Know What I Want?」など名曲多しです。
アルバムとしては、『What's Inside』(1993)が個人的オススメ。


Randy Goodrumは僕が大好きなソングライター。地味ですが、
Michael McDonald「Love Lies
George Benson「20/20
Steve Perry「Foolish Heart
DeBarge「Who's Holding Donna Now?
Chicago「If She Would Have Been Faithful...
El DeBarge「Lost Without Her Love
Toto「I'll Be Over You
Al Jarreau「Heart's Horizon
Natalie Cole「Rest Of The Night
なんかで彼の名前を見ることができますよ。
挙げすぎました。反省してまーす。

ジェイ・グレイドンと親しく共作も多く、最近は2人で"JaR"というユニットを結成して、打ち込みスティーリーダンみたいなことをやっていたりします。


というワケで、余計なことを書きすぎましたが・・・

僕もこのコンピで知った曲(2,6,11,12曲目かな)があったりして、とっても楽しめました。
知ってる曲ばっかりだと買う意味が無いし、逆に知らない曲ばっかりだと取っ掛かりにくいし。僕的にはその辺がちょうど良いバランスでした。

これを読んでくれている方も、このコンピでフュージョン方面に触手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
ではでは。


2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    最近ブルーペパーズを知った者です。
    ブルーペパーズ大好きになりました。
    ここで紹介されている音楽も聴いていこうと思います。
    更新楽しみにしております!

    返信削除
    返信
    1. あら、ありがとうございます!!
      僕の偏った趣味を勝手に書いているだけのブログなので、参考になるかは分かりませんが・・・(笑)
      気が向いたときに読んでいただければ幸いです^^

      削除