2016年3月30日

Djavan / Lilás (1984)

ケニアに引き続き、今日もブラジル気分なので、これを聴いてます。
MPB(ブラジルのポップス)の大御所、ジャヴァンの名盤『Luz』(1982)・・・
の次作にあたる、1984年作の『Lilás』。
AORファンには、こちらのほうがオススメかも。


『Luz』までのジャヴァンの詳しい情報やオススメ曲などは、ブラジル音楽に詳しい、
いや、ブラジルバカなこちらのブログに載っていますので、是非ご覧ください。
(管理人さん、勝手なリンクをお許しくださいネ!)

んで、ここでは『Lilás』のおはなし。
『Luz』にはスティーヴィー・ワンダーが参加していることが有名ですが、
メンツの豪華さは『Lilás』も負けてませんよ〜
その話はあとでじっくり(笑)

1984年ということで、聴ける人は聴けるし聴けない人は聴けない、好みの分かれるサウンドだと思いますが、曲のクオリティはとんでもなく高いので、是非聴いてみてください。

ということで、ご紹介〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 A1. Lilás
★A2. Infinito
 A3. Esquinas
★A4. Transe
★B1. Obi
★B2. Miragem
★B3. Iris
 B4. Canto Da Lira
★B5. Liberdade


僕は特に、B面の1〜3曲がめちゃくちゃ好きです。
なので順番入れ替えてB面から紹介!

「Obi」
コード感、リズム、サウンド、全部が僕のツボど真ん中。
アルバムの中で1番好きです。

最初にこの曲を知ったのは、ブラジル音楽に興味を持ったばかりの頃に聴いたトゥーツ・シールマンズの『The Brasil Project』(1992)に入っていたバージョン。
アレンジは基本的にどちらも同じで、『Lilás』バージョンを後から聴いた僕は、サウンドまで好みになっていて大喜びだったのでした。
(普通はこの手のコテコテ80'sサウンドは敬遠されちゃうかな・・・?)

後半になるにつれてSizão Machadoサンのベースラインが段々と凝っていて、引き込まれそうになりますね。
曲の終わり方は、まあご愛嬌、ということで。(笑)


「Miragem」
一転してシャッフルの曲。
3番目にスキ。
ホーンの入ったキメが面白いなぁ。
と思ってクレジットを見ると、安定のジェリー・ヘイ。


「Iris」
僕の中ではドナルド・フェイゲンの「Century's End 」と空気感が重なります。
2番目にスキ。
地味にイントロからネイザン・イーストのベースが唸ってて笑いました。


「Liberdade」
何故だかは上手く言えないけど、Totoの「99」の最後のアウトロを聴いている時の気分に近い気がします。(僕だけ?)


「Infinito」
またまたネイザン・イーストが笑わせに来ます。


「Transe」
「Iris」と近い曲調。
シンセのヘンな細かいバッキング、なにこれ?(笑)
慣れると普通に気持ち良く聴けます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

後回しにした、クレジットのおはなし。
ネットにはどこを探しても、曲ごとのクレジットが載っていなかったのですが、LPの中を読んでたらしっかり書いてあったので、ここに載せておきます。
誰かの役に立つかな?

現物のブックレットを見ながら、地道に打ち込んでいます・・・
(これをやってくれる人が世界中に居るからDiscogsは成り立っているんだな〜と、しみじみ。)

〜Credits〜

Lilás
Djavan
Voz: Djavan
Teclados: Luiz Avelar / David Foster
Baixo: Sizão Machado
Sintetizador: David Foster
Bateria: Téo Lima
Guitarra: Michael Landau
Percussão: Paulinho da Costa
Arranjo de Base: Djavan
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling

Infinito
Djavan
Voz: Djavan
Violão: Djavan
Teclados: Greg Phillinganes, David Foster
Baixo: Nathan East
Bateria: John Robinson
Guitarra: Paul Jackson Jr.
Percussão: Paulinho da Costa
Solo Guitarra: Michael Landau
Arranjo de Base: Djavan / Greg Phillinganes
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling
Arranjo de Metais e Regência: Jerry Hey
Arranjo de Cordas e Regência: Jerry Hey

Esquinas
Djavan
Voz: Djavan
Teclados: Greg Phillinganes
Baixo: Nathan East
Bateria: John Robinson
Guitarra: Paul Jackson Jr.
Solo Sax Tenor: Ernie Watts
Arranjo de Base: Greg Phillinganes
Arranjo de Cordas: Jeremy Lubbock
Programação de Teclados: Erich Bulling

Transe
Djavan
Voz: Djavan
Violão: Djavan
Teclados: Randy Kerber / David Foster
Baixo: Mike Porcaro
Bateria: Carlos Vega
Guitarra: Michael Landau
Arranjo de Base: Djavan
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling

Obi
Djavan
Voz: Djavan
Violão Acústico: Djavan
Piano Acústico: Luiz Avelar
Baixo: Sizão Machado
Bateria: Téo Lima
Arranjo de Base: Djavan
Arranjo de Cordas e Regência: Jeremy Lubbock

Miragem
Djavan
Voz: Djavan
Violão: Djavan
Teclados: Randy Kerber / David Foster
Baixo: Mike Porcaro
Bateria: Carlos Vega
Guitarra: Michael Landau
Percussão: Paulinho da Costa
Arranjo de Base: Djavan
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling
Arranjo de Metais e Regência: Jerry Hey
Arranjo de Cordas e Regência: Jerry Hey

Íris
Djavan
Voz: Djavan
Teclados: David Foster
Baixo: Nathan East
Bateria: John Robinson
Guitarra: Michael Landau
Sax Alto: Ernie Watts
Arranjo de Base: David Foster
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling
Arranjo de Cordas: Erich Bulling

Canto da Lira
Djavan
Voz: Djavan
Violão: Djavan
Teclados: Luiz Avelar
Baixo: Sizão Machado
Bateria: Téo Lima
Percussão: Paulinho da Costa
Metais: Naipe Jerry Hey
Arranjo de Base: Djavan
Arranjo de Metais: Luiz Avelar
Regência: Oscar Castro Neves
Arranjo de Cordas e Regência: Oscar Castro Neves

Liberdade
Djavan
Voz: Djavan
Teclados: David Foster
Baixo: Nathan East
Bateria: John Robinson
Percussão: Paulinho da Costa
Arranjo de Base: David Foster
Arranjo de Teclados: David Foster
Programação de Teclados: Erich Bulling


クレジットもポルトガル語だけど、だいたい何が言いたいかは分かりますよね(笑)
AOR好きな人がこのクレジットを見た感想は、
「全然知らない名前と、いつも見る名前のどちらかにハッキリ分類できる」でしょう。
てか、LAでもなかなか見ないくらいの豪華メンツ。

ちなみに、
Voz(声、ボーカル)、Violão(クラシックギター)、Guitarra(ギター)、Teclados(キーボード)、Baixo(ベース)、Bateria(ドラム)、Sintetizador(シンセサイザー)、Percussão(パーカッション)、Metais(金管楽器)、Cordas(ストリングス)
だそうです(Google翻訳より。)

字面と担当ミュージシャンの名前で大体予想できますが、一応。。。
ためになったね〜ほら!

ということで、「5分でわかる!ポルトガル語講座 初級編」でした。
ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿