2016年1月15日

William Sikström / I Will Be Waiting (2016)

去年の夏頃に音源がYoutubeにアップされ、一部の早耳AORファンの間で話題になっていた、ウィリアム・シークストロームのデビューソロアルバム。


これを聴いて、「ちゃんと日本で紹介されたらそこそこウケそうだなー」なんてツイートをしていたのですが、
なんとライトメロウ金澤さんのバックアップで20日に日本版がリリースされます〜!

自主制作→Youtubeに音源アップ→金澤さん→正式リリース
この流れ、どこかで見たことのあるような・・・
まあ、いいか(笑)

スウェーデンにいる本人にfacebookで連絡すると、直接買うことができたCDのダッサいジャケは、幾分かマシになり(失礼)、
更に日本用にボートラが付いてます。

※元のジャケ


ということで、曲目はこんなかんじ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【収録曲】
01. Mr. Clean It Up
02. Tell Me
03. Show The Way
04. I Will Be Waiting
05. Up On The Hill
06. She’s A Magnet
07. I Need You
08. Take A Look Around
09. Costa Rica
ボーナストラック
10. You Are Runnin'
11. Come On Home [Pagesのカバー]
12. Wrong Side Of The Tracks [David Robertsのカバー]

ダイジェスト1

ダイジェスト2

トレイラーで聴いた感じだと、この2個目のダイジェストの最初の曲が良さそうです。

7曲目「I Need You」

9曲目「Costa Rica」

ボートラ1「You Are Runnin'」

ボートラ2「Come On Home [Pagesのカバー] 」

ボートラ3「Wrong Side Of The Tracks [David Robertsのカバー] 」


アルバム未収録ですが、アル・ジャロウのカバーもあるじゃr(以下略)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

基本自分で弾けるものは弾き、他は打ち込む、という典型的宅録スタイルのようですね。
叩けるはずのドラムも、レコーディング予算の関係か、今回はプログラムに聴こえますね。
ドラムの音色、けっこう好きです^^

歌がヘタなのは、目を瞑りましょう・・・
(他人のこと言えない・・・)

アルバムのサウンドや、ボートラのカバー曲のチョイスから察するに、僕と音楽のツボはほぼ同じだと思われます・・・
オーレ・ブールド、ペイジズ、アル・ジャロウ、マーク・ジョーダン、エアプレイ
この5組が彼のフェイバリットだそうです。
心の中で小さく拍手しときました。
21歳(?)らしいし、仲良くなりたいわ(笑)


ということで、
最近知ったorこのブログを見て知った方も、
ウマい商売「日本版ボートラ発生」に引っかかって、本人から買ったのに日本盤を買い直す早耳な方も、

みんなで買って応援しましょう!
ではでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿