2016年8月22日

V.A. / Drink A Toast To Innocence - A Tribute To Lite Rock (2013)


最近のお買い物報告。
最初に聴いた時から僕がメロメロな、「The Sonic Executive Sessions」というユニットが参加した、パワーポップ系の人々によるライトロック/ヨットロック/AORの2枚組コンピレーションアルバム。

2016年8月11日

Nigel Waddington / Bigger Pictures : The Art of Nigel Waddington (2010)


Youtubeをほったらかしにすると勝手に次の動画が再生される、あの迷惑なシステム。
でも、そのシステムのおかげで偶然出会ったヤバイ曲が入っていたのがこちら。
あまりのスティーリー・ダン愛に、久しぶりに音楽を聴いて爆笑&奇声を発しました。

2016年8月7日

Lou Rawls / Love All Your Blues Away (1986)


AOR CITY 1000シリーズのラインナップの中にいくつか仕込まれた、マニアの為の撒き餌(世界初CD化)のうちのひとつ、ルー・ロウルズの『ラヴ・オール・ユア・ブルース・アウェイ』。
まあ、僕もまんまとエサに引っ掛かって買ったのですが(笑)

2016年7月28日

Chris Montan / Any Minute Now (1980)


最近の破格1000円シリーズなど、僕がAORに興味を持った10年ほど前と比べると、再発が進んで格段に集めやすくなったように感じるAOR。その一方で忘れ去られてゆくこういうアルバムも・・・

2016年7月21日

Claudio Roditi & Kenia / Red On Red (1984)

ジャズ・クロスオーバーの有名レーベル"CTI"の名盤&初CD化作品1000円シリーズ「CTI SUPREME COLLECTION」で世界初CD化されることになった、ブラジオ出身のトランペット奏者、クラウディオ・ロディッティのファーストアルバム。1984年作。

2016年7月2日

The Norwegian Fords / The Norwegian Fords (2008)

「アイツら、今何してるんだろう?」という消息不明なバンドはたくさんありますが、
今日は僕が一番消息を気にしているノルウェーのバンド「The Norwegian Fords」の2008年のデビューアルバム。

2016年6月29日

Dara Sedaka / I'm Your Girl Friend (1982)

昨日の記事にもちょろっと書いた、最近ハマりまくっている1曲、ダラ・セダカ「Just Say I Love You」が収録されているアルバム、1982年の『I'm Your Girl Friend』のおはなし。
ちなみに、彼女はニール・セダカの娘さん。

2016年6月28日

Steve Marrs / Somebody Somewhere (1982)

ちょいとマイナーだけど、僕のAORプレイリストには高確率で組み込まれてくる、Steve Marrsの「How Was I To Know」という曲のおはなし。
収録されてるのは(・・・といっても、この人は1枚しかアルバムを残していないのですが)1982年の『Somebody Somewhere』という作品。

2016年6月26日

Victor Feldman's Generation Band / Call Of The Wild (1984)

ご無沙汰です。
先日、フェイスブックのグループで「ダサいジャケのアルバム」を出し合っていたら、急に思い出したのが、ヴィブラフォン/キーボード/パーカッション奏者のヴィクター・フェルドマン率いる「ジェネレーション・バンド」のコレ。

2016年6月15日

パーラメントのCM

今日はフィリップ・モリス社製のタバコの銘柄「パーラメント」のCMに使われた曲のおはなし。
僕と同年代の方はまず、「タバコのテレビCMなんてあったんっけ?」と思いますよね(笑)

2016年5月31日

ソニー「AOR CITY 1000シリーズ」のオススメ20枚

つい先日アナウンスされた、この夏のソニー「AOR CITY 1000シリーズ」。
人を破産させる可能性を秘めた、無謀とも思える「AORの名盤100枚を全部千円で売っちゃいます!」という企画。
僕もこの波に乗って、100枚のラインナップから、個人的にオススメしたいアルバムを20枚選んで紹介してみることにしました。

2016年5月21日

Yellowjackets / Mirage À Trois (1983)

僕がイエロージャケッツでいちばん好きな2ndアルバム。
フュージョンの名盤ですね。
今なら1000円再発シリーズで簡単に手に入ります。

2016年5月9日

V.A. / Love Dance - GRP AOR Collection (1994)

今日はコンピを。"AORベスト"的なモノとは切り口の違った選曲のコンピって、視野を広げて触手を伸ばすのに最適ですよね。
そんなワケで、なかなかナイスな切り口なのがジャズ/フュージョンの名門GRPレーベルの作品からAORテイストな曲を集めたこの『Love Dance - GRP AOR Collection』。AORの雄、中田利樹サンの選曲ですね。

2016年5月8日

Byrne and Barnes / An Eye For An Eye (1981)

とってもお久しぶりです。
5/1に引っ越して、ネットが繋がっていなかったのでパソコンの電源すら入れてませんでした(笑)
ということで、久しぶりのポストはAOR大名盤、バーン・アンド・バーンズの1981年の唯一作『An Eye For An Eye』。たまんないっす。

2016年4月19日

The Four Freshmen / Fresh! (1986)

先日ブライアン・ウィルソンのライブを観に行って、それからはしばらくビーチ・ボーイズばっかり聴いてました。
んで、今はそこから派生して、ブライアンのルーツでもあるフィル・スペクター、フォー・フレッシュメンあたりを聴いてます。

2016年4月17日

Lounge Lizards / Lounge Lizards (1980)

たま〜に分厚いステーキを食べたくなる肉欲的なモノに近い感じで、
たま〜に無性に聴きたくなる、アート・リンゼイのギター。
もちろん、こういう音楽しか聴いちゃダメと言われたら、そりゃあ嫌なんだけど、
一定のスパンで体が(耳が)これを求めちゃうんですよね。

2016年4月15日

James Vincent / Enter In (1980)

お久しぶりです。
引越しの準備がめんどくさくて、なかなかブログを書く気分ではないのですが(笑)
今部屋で掛けっぱなしにしてるCDがコレなので、紹介しときます。

2016年4月7日

Ole Børud / Keep Movin (2011)

川平慈英・・・でもなく、
今流行りのショーンK・・・でもなく・・・
ここ10年のAORシーンではもはや重鎮感すら漂う、オーレ・ブールドの2011年作。
ソロ3作目だったかな。

2016年3月30日

Djavan / Lilás (1984)

ケニアに引き続き、今日もブラジル気分なので、これを聴いてます。
MPB(ブラジルのポップス)の大御所、ジャヴァンの名盤『Luz』(1982)・・・
の次作にあたる、1984年作の『Lilás』。
AORファンには、こちらのほうがオススメかも。

2016年3月29日

Kenia / Rio - New York (1985)


久しぶりの更新。
今日はブラジリアンシュージョンの女性ボーカルモノ、ケニアの1985年作。
けっこうAORの香りもしてます。
好きな人は果てしなく好きなハズなアルバム。最高です。

2016年3月21日

Pagesのコーラスお仕事集

AORファンなら必ずどこかで耳にする、Pagesの二人(Richard Page & Steve George)の透き通るような声。
1980年代には、二人が結成したバンド「Pages」と「Mr. Mister」の他にも、コーラスのスタジオミュージシャンとして大活躍していて、色んなところで「あれ、今のPagesの声じゃない?」となるのは、もはや"あるある"ですよね。(笑)

2016年3月20日

Livingston Taylor / Life Is Good (1988)


最近友達に教えてもらった、リヴィングストン・テイラーの1988年のアルバム。
これが7作目かな?
リヴィングストン・テイラーは、あのジェームス・テイラーの弟さん・・・と紹介するのは失礼だな〜と思えるほど、良い曲を書くし、良い声してます。

2016年3月12日

Lee Ritenour / The Captain's Journey (1978)


「Crossover & Fusion 1000」シリーズで1000円再発される中から、リトナーの『Captain Fingers』を選ぼうと思ったんだけど、、、
自分が中学生の時にはじめて触れたフュージョンのアルバムのひとつ、ということで、1978年の『The Captain's Journey』について書くことにしました。

2016年3月6日

George Duke / Dream On (1982)


4/27から始まるソニー「Crossover & Fusion 1000」シリーズから4枚目の選盤。
かつて廃盤として僕を苦しめたジョージ・デュークのこのアルバムも、1000円で再発。
嬉しいような、悲しいような。。。
嬉しいのですが。(笑)

2016年3月1日

The Zawinul Syndicate / The Immigrants (1988)


ソニー「Crossover & Fusion 1000」シリーズから3枚目のチョイス。
シンセサイザーの魔術師、ジョー・ザヴィヌルが“ウェザー・リポート”につづいて結成したユニット“ザヴィヌル・シンジケート”のデビュー作。

2016年2月27日

Herbie Hancock / Lite Me Up (1982)


4/27発売のソニー「Crossover & Fusion 1000」シリーズの再発ラインナップから、2枚目のpost。
ジャズサイドのハービーファンからは「こんなもん、けしからん!」と怒号が聞こえて来そうな、パーティ・チューン満載のディスコ/AORなアルバム。

2016年2月26日

Greg Phillinganes / Significant Gains (1981)

4月27日から始まる、ソニーの「Crossover & Fusion 1000」シリーズ。
往年のフュージョンの名盤がなんと全部1000円で手に入る、夢のような企画。
ということで、しばらくはその再発ラインナップからアルバムを選んで書いていこうと思ってます。

2016年2月22日

The President / By Appointment Of (1983)

プログレを聴くようになってから、自分の中で楽しめるポイント、魅力の増した感があるこのアルバム。
オランダのプログレバンド「Kayak」の元メンバーらによる、1983年のAORな作品。
内容の前に、ジャケが好きです。個人的には(笑)

2016年2月14日

Don Blackman / Don Blackman (1982)

急にこのキョーレツなジャケを思い出して、最近よく聴いてます。
ジャズ/ファンク系のピアニスト/シンガーのドン・ブラックマン。
ジャズの名門GRPレーベルから出た異色の1枚。フュージョン風Pファンク?

2016年2月7日

The Sonic Executive Sessions / The Sonic Executive Sessions (2010)

ビーチ・ボーイズ+クイーン+スティーリー・ダン???
去年Twitterで知り、Youtubeで聴いて、一瞬でCDを買ったのがコレ。
ビビっと来てすぐレコ屋に走る、みたいなのは結構久しぶりだったので、すごく興奮したのを覚えてます。

2016年2月5日

Cornelius Bumpus / A Clear View (1981)

地味〜に2月3日が命日だった、コーネリアス・バンパス。
後期ドゥービー・ブラザーズや、ドナルド・フェイゲン『Kamakiriad』、スティーリー・ダンのライブ盤『Alive In America』で活躍したサックス奏者。

2016年2月4日

Mark McMillen / Keenyo (2011)

ボビー・コールドウェルのライブを観たことがある人なら、この人もきっと見たことがあるハズ。
90年代以降、キーボード奏者としてボビーのライブやアルバムで大車輪の活躍をしているマーク・マクミレンの3rdソロアルバム。

2016年1月31日

Marc Jordan / Blue Desert (1979)

お久しぶりです。
超夜型生活を脱却したので、ブログを書いている時間があんまり無くなってしまいました。
最近聴いているのは、ちょうどこの前ワーナーの「新・名盤探検隊」シリーズで1st『Mannequin』とこの2nd『Blue Desert』の復刻が決まったマーク・ジョーダン。

2016年1月19日

Frank Weber / As The Time Flies (1978)

たくさんCDやLPを買う人ならよくある、「このアルバムは持ってると思っていたら実は買っていなかった」「このアルバムは持ってないと思って買ったら持っていて、被ってしまった」なんていう"あるある"現象。
このFrank Weberの1stは前者のパターンで、この前ディスクユニオンでCDを買いました。

2016年1月15日

William Sikström / I Will Be Waiting (2016)

去年の夏頃に音源がYoutubeにアップされ、一部の早耳AORファンの間で話題になっていた、ウィリアム・シークストロームのデビューソロアルバム。

2016年1月14日

Clare Fischer / Machaca (1979)

この前のIngmar Johanssonと同じく、CD化されていないハズなのに、ひっそりとiTunes Storeで売っていたアルバムシリーズ。
クレア・フィッシャーの、70年代後半にMPSから出したアルバムのひとつ。
名前が"Clare"ですが、男性です。一応(笑)

2016年1月12日

Ingmar Johansson / Bildspråk (1979)

今日はスウェーデンからAOR。ちょっとマイナーかな。(笑)
これはイングマール・ヨハンソンという人の2ndアルバム『Bildspråk』。
全く聴く気が起きないくらいダサいジャケで、逆にそそられます。

2016年1月9日

Sergio Mendes / Magic (2014)

一週間ぶりぶりです。
最近バイトをしまくっていてなかなか書けませんでしたが、今日はセルメンの一昨年出た現時点での最新作、なんてのはどうでしょうか〜。

2016年1月2日

Natalie Cole / Good To Be Back (1989)

亡くなっちゃいましたね、ナタリー・コール。。。
死の直後に、みんな故人の作品をこぞって聴く、というのに少し違和感を覚えつつも、やっぱり好きなアーティストだと聴いちゃいます。

2016年1月1日

Donald Fagen / Sunken Condos (2012)

あけましておめでとうございます!
ということで、新年からいきなりブログ。まあ誰も見てないだろうけど・・・
今年の聴き初めということで、僕の教祖ドナルド・フェイゲンの4thソロアルバム。