2015年12月10日

V.A. / Melodies -The Best of AOR-

AORのブログを書いておきながら、「どれから聴いたらいいのか分かんない!」っていうのはよくないかな、と思ったので、
AOR入門に最適なコンピレーションアルバムの紹介。
僕と同世代の人にとってもオススメです。

選曲の良さならこのコンピが一番だと思います。
それぞれの曲がどのアルバムに入っているかも分かるので、ここから樹形図を広げて行きやすい親切さもありますし。
鈴木英人さんのジャケもイメージにピッタリ。

選曲はこんな感じ。
可能な限りYoutubeのリンクもつけてみました。

[Disc 1]
01. I.G.Y. — Donald Fagen (ドナルド・フェイゲン)
02. What You Won't Do for Love — Bobby Caldwell (ボビー・コールドウェル)
03. Livin' It Up — Bill LaBounty (ビル・ラバウンティ)
04. Jojo — Boz Scaggs (ボズ・スキャッグス)
05. Georgy Porgy — Toto (トト)
06. You're Only Lonely — J.D. Souther (J.D. サウザー)
07. What a Fool Believes — The Doobie Brothers (ドゥービー・ブラザーズ)
08. Don't Worry Baby — Vapour Trails (ヴェイパー・トレイルズ)
09. Don't Talk — Larry Lee (ラリー・リー)
10. Skip to My Lou — Finis Henderson (ファイナス・ヘンダーソン)
11. Lost in Love — Air Supply (エア・サプライ)
12. Biggest Part of Me — Ambrosia (アンブロージア)
13. Take Me to Your Heaven — The Wilson Brothers (ウィルソン・ブラザーズ)
14. Is It You? — Lee Ritenour (リー・リトナー)
15. Goin' Down — Greg Guidry (グレッグ・ギドリー)
16. Cool Night — Paul Davis (ポール・デイヴィス)
17. After the Love Has Gone — Earth, Wind & Fire (アース・ウィンド・アンド・ファイアー)
18. Sailing — Christopher Cross (クリストファー・クロス)

[Disc2]
19. Hard to Say I'm Sorry — Chicago (シカゴ)
20. Heart Of Mine — Bobby Caldwell (ボビー・コールドウェル)
21. I Just Wanna Stop — Gino Vannelli (ジノ・ヴァネリ)
22. Rosanna — Toto (トト)
23. Mornin' — Al Jarreau (アル・ジャロウ)
24. Arthur's Theme (Best That You Can Do) — Christopher Cross (クリストファー・クロス)
25. Seeing You (For the First Time) — Jimmy Messina (ジミー・メッシーナ)
26. Her Town Too — James Taylor (ジェームス・テイラー)
27. Antonio's Song (The Rainbow) — Michael Franks (マイケル・フランクス)
28. Just For The Moment — Ray Kennedy (レイ・ケネディ)
29. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) — Michael McDonald (マイケル・マクドナルド)
30. Heart To Heart — Kenny Loggins (ケニー・ロギンス)
31. Steal Away — Robbie Dupree (ロビー・デュプリー)
32. Him — Rupert Holmes (ルパート・ホルムズ)
33. Baby Come Back — Player (プレイヤー)
34. It Will Be Alright — Airplay (エアプレイ)
35. Just The Two Of Us — Grover Washington, Jr. (グローヴァー・ワシントン・ジュニア)
36. We're All Alone — Boz Scaggs (ボズ・スキャッグス)


こういうコンピの選曲にはオ・ト・ナの事情が絡んでいるので、
「これ入ってないじゃん!」などと文句を言うのはナンセンスですよね。
でも、これはほぼ文句の付けようのない選曲。

気になるところを挙げるとすれば、
Airplayは「It Will Be Alright」じゃなくて「Nothin' You Can Do About It」にして欲しかったことと、
36曲すべてのボーカルが男性、ということ。圧倒的男社会。
AORは男ボーカルモノが多いとはいえ、流石にこれはなんとかして欲しかった(笑)

ということで、架空の[Disc3]を勝手に作ってみた。
が女性ボーカル。The Manhattan Transferは男女混声。

[架空のDisc3]
37. For You — Dionne Warwick (『Friends In Love』収録)
38. Under The Jamaican Moon — Nick DeCaro (『Italian Graffiti』収録)
39. Never Turnin' Back — Bruce Hibbard (『Never Turnin' Back』収録)
40. Stronger Than Before — Carole Bayer Sager (『Sometimes Late at Night』収録)
41. Whatcha' Gonna Do For Me — Average White Band (『Shine』収録)
42. It's Something! — Brenda Russell (『Two Eyes』収録)
43. I'm A Camera — Marc Jordan (『Blue Desert』収録)
44. Smile Again — The Manhattan Transfer (『Mecca For Moderns』収録)
45. Juliette — Kalapana (『Kalapana II』収録)
46. Fly Away — Peter Allen (『Bi-Coastal』収録)
47. On and On — Stephen Bishop (『Careless』収録)
48. Paradise — Herbie Hancock (『Lite Me Up』収録)
49. Dance With Me — Orleans (『Dance With Me』収録)
50. Never Gonna Let You Go — Sergio Mendes (『Sergio Mendes』収録)
51. Anything You Want — John Valenti (『Anything You Want』収録)
52. Got To Be Lovin' You — Eric Tagg (『Rendez-Vous』収録)
53. Who's Right, Who's Wrong — Pages (『Future Street』収録)
54. Peg — Steely Dan (『Aja』収録)
55. More Than Just The Two Of Us — Sneaker (『Sneaker』収録)


余計なお世話っすね。
コチラも、「David PackとかGeorge BensonとかGeorge Dukeとか入ってないじゃん!」という文句は受け付けておりません!
オトナの事情バリア。

女性ボーカルが好きな人は、上記の3人と、あとは
Amy HollandBarbra StreisandCarly SimonChaka KhanDeniece WilliamsDiana RossHeatKarla BonoffKelly WillardLauren WoodLeah KunkelMarilyn ScottMelissa ManchesterPatti AustinSeawindValerie Carterあたりから聴いてみるのもアリですね。
挙げすぎか(笑)


余計な事書きすぎましたが、
このコンピは「これからAORを色々聴いてみたい」という人にとっては必携アイテムだと思います!
TSUTAYAにも、たぶん置いてあるハズ。
中古なら、安く手に入りますヨ。

これを聴きまくった中学生時代を思い出しました。
出会うアルバム全てが名盤って、楽しかったなあ。


みなさんも素敵なAORライフを〜
ではでは。


0 件のコメント:

コメントを投稿