2015年12月25日

Tim Cashion / Find Us On The Dial (2015)

今年出たCDも何かブログに書こうと思って、iTunesで今年の音源を整理。で、自分的にヒットだったのがコレ。ティム・キャッションという人の蔵出しAOR音源集。
昨日のアルバムとは59年差。
この新旧の差を超えることは、多分この先ないでしょう(笑)

2015年12月24日

João Donato / Chá Dançante (1956)

今日はブラジル音楽。
今年よく聴いたアルバムを思い返していたら、意外と聴いたのがコレだったなーと。
ディスクガイドかネットの記事を見かけて、ジャケットが楽しそうだったから買ってみたら、すごくよかったジョアン・ドナートの1st(多分)アルバム。なんと1956年の作品(笑)。古っ!

2015年12月16日

Airplay / Airplay (1980)


AORといえば、まずコレ!っていう名盤。
マニアックなアルバムについて書く前に、このブログに興味を持ってくれている若い人もいる(はず?)なので、しばらくは絶対に押さえておくべき名盤を網羅しておこう、と初心に返りました。

2015年12月10日

V.A. / Melodies -The Best of AOR-

AORのブログを書いておきながら、「どれから聴いたらいいのか分かんない!」っていうのはよくないかな、と思ったので、
AOR入門に最適なコンピレーションアルバムの紹介。
僕と同世代の人にとってもオススメです。

2015年12月8日

The Parker Brothers / The Parker Brothers (1981)

最近、「The Parker Brothers」というバンドのアルバムを買いました。
かなりマイナーなAORのアルバム、ということで、「1曲ぐらいアタリが入っていれば満足だな〜」ぐらいの低めの期待値で聴いてみたら、結構良かったです。

2015年12月4日

Toto / Falling In Between (2006)


いつも70〜80年代のモノばっかり書いているので、たまには最近のアルバムを紹介。
・・・と言っても、古臭い(笑)Totoなんですが。
『Falling In Between』は、Totoの2006年発表のスタジオアルバム。

2015年12月1日

The Dukes (Bugatti And Musker) / The Dukes (Bugatti And Musker) (1982)

今日はコレ。ドミニク・ブガッティとフランク・マスカーというイギリスの作曲家コンビによる1982年のAORアルバム。プロデュースは故アリフ・マーディン。