2015年9月21日

Earth, Wind & Fire / I Am (1979)

Do you remember the 21st night of September?〜♪

9月21日といえばEarth, Wind & Fireの「September」ですが、オリジナルアルバムには未収録なので、ここはAOR度高めな『I Am (黙示録)』を。

とは言っても、有名すぎてわざわざ書くことがほとんどありません。。。笑
が、めげずに書きます。

Earth, Wind & Fireの1979年発表のアルバム。David Foster他AOR系のミュージシャンが主にソングライティングの面で参加していることもあって、最もAOR度が高い作品。

5曲目「Boogie Wonderland」と6曲目「Star」以外の全ての曲の作曲にDavid Fosterが絡んでいます。
乗っ取る気か!というくらいの勢いで。

なので相当ポップで、好きじゃない人は一定数いる、かな。
僕は好きです(好きじゃなきゃ、わざわざ書かないです笑)

有名なのはやはりグラミーまで獲った3曲目「After The Love Has Gone」と、5曲目「Boogie Wonderland」、1曲目「In The Stone」あたりでしょうか。
動画を貼ってオススメする意味をあまり感じませんが、一応貼っていきます。笑


3曲目「After The Love Has Gone」

Bill Champlin, David Foster, Jay Graydon作。80年のグラミー受賞曲。
僕はもともと小学生の頃はサザンや流行り物(?)のJ-Popばかり聴いていたので、中学に入ってAORを知り、はじめてこの曲を聴いた時の「こんなコード進行をサビに使うポップス音楽ってアリなんだ!」という衝撃は相当大きかったと思います。

この曲は後にフォスターとグレイドンがAirplayとしてセルフカバーしていますね。
曲名が「After The Love "Is" Gone」になったり、歌詞や構成、転調パターンにマイナーチェンジが見られて面白いです。

ちなみに、他のカバーヴァージョンもいくつか挙げておきます。
集めて聴き比べてみるのもオモシロイですよ!

★印が個人的オススメです。アルバムとしても完成度が高いです。

・After The Love Is Gone / Airplay 『Airplay』(1980)収録
★After The Love Is Gone / Jay Graydon 『Airplay for the Planet』(1993)収録←超良いです。
・After The Love Has Gone / David Foster 『Rechordings』(1991)収録
・After The Love Has Gone / Leslie Smith 『"Les" Is More』(1992)収録
★After The Love Is Gone / The Bossa Nova Hotel 『Moon Island』(2009)収録←このカバーはオモシロイです!
・After The Love Has Gone / Benoit/Freeman Project『The Benoit/Freeman Project』(1994)収録
・After The Love Is Gone / Norman Brown 『Better Days Ahead』(1996)収録
・After The Love Is Gone / Mint Condition『Interpretations: Celebrating the Music of Earth, Wind & Fire』(2007)収録
・Love Prelude/After the Love Has Gone / Gary Bartz『Bartz』(1980)収録


5曲目「Boogie Wonderland」

本来の(?)Earth, Wind & Fireらしい曲。エモーションズが参加してます。


1曲目「In The Stone」

良い曲ですよ!(段々書く熱を失いかけてる。。。)


ということで、、、
ほとんど「After The Love Has Gone」の記事みたいになってしまいましたが、AOR好きならアルバム通して楽しめるはずです。
ベスト盤などでしか聴いたことのない方がいたら、是非聴いてみてくださいね!

ではでは。



0 件のコメント:

コメントを投稿